月別アーカイブ: 2017年1月

高額医療費制度って?!もっと早くしってれば良かった!!泣

30代の専業主婦、美佐子です。

東京の下町に住んで10年になります。40代の夫と5歳になる子供と3人で分譲マンションで暮らしています。

35年ローンで思い切って購入しましたが夫の給料だけではなかなか厳しいので、子供はまだ小さいですが週5日パートに出ています。

月の手取りはだいたい8万円ぐらいですが、これがないとかなりしんどいです。(´A`。)
子育てと家事で大変な毎日ですが・・・
そんなとき夫が盲腸になり、入院することになりました。。

ただでなくても家計は厳しい状況なのに、医療費や入院費に負担は家計にずっしりときますね。

実は入院してから知ったのですが、手術や入院などで高額な医療費を支払ったときに、後から一部戻ってくる「高額療養費制度」

っていう制度があるのを、友人に教えてもらい始めてしりました。( ̄ロ ̄lll)

あとから戻ってくるって言っても一時的な支払いは家計に大きな負担ですよね。。

健保や国保に加入していれば、会社員でも自営でも誰でも使える制度みたいです。病気やけがだけではなくて、出産時の帝王切開にかかった費用なども対象となるみたいで主婦には嬉しい制度ですね。

ただ、保険適用外の診療や差額ベッド代、食事代はなどは高額医療費制度の対象にならないみたいです。

たとえば、病院の窓口で1ヶ月に30万円支払った場合、夫の場合は自己負担限度額が87、430円だったので(申請年齢や年収で限度額が異なる)後、212、570円戻ってくることになります。ただ申請して戻ってくるまでに3月以上かかるみたいなので家計が厳しい家庭は注意が必要です。

事前に入院などが分かっていて医療費が高額になりそうな場合は、事前に保険証と限度額適用認定証を提示することで、窓口での支払いは限度額以内になるみたいなので、家計にはかなり嬉しい制度ですね。

私の場合は、入院してからこの高額療養費制度を知ったので、退院時に窓口で全額支払いました。何十万円って出費だとほんときついですからね。もっと前から知ってたらってそう思いました。( ̄ロ ̄lll)

又、加入している健保や国保で、事前に限度額適用認定証の申請をしておくと、限度額適用認定証が郵送されてくるので後は、必要なときに保険証を提示すればOKです。あっ、有効期限は1年間みたいです。

一月の医療費が高額になりそうなときは、是非、活用してみてください。

知っているのと、知らないとでは全然ちがいますからね。(*⌒∇⌒*)