このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 月額料金が安くなる格安スマホがお得!デメリットや注意点とは

月額料金が安くなる格安スマホがお得!デメリットや注意点とは

96view

2018.01.17

月額料金が安くなるって本当?格安SIMや格安スマホって何?

格安スマホとは、格安SIMを利用しているスマートフォンのことです。格安SIMとはドコモやau、ソフトバンクよりも安い料金で利用できるSIMカードのことです。SIMカードはスマートフォンに入れる小さなICカードです。スマートフォン本体にSIMカードを入れて通話やネットを利用します。

ドコモやau、ソフトバンクなどはキャリアと呼ばれています。そのキャリアから回線を借りて利用者に格安SIMを提供しているのがMVNOと呼ばれる事業者です。MVNOにはOCNなどのプロバイダやヤマダ電機などの家電量販店、他にはイオンや楽天など、さまざまな事業者があります。

MVNOはキャリアと同じ品質の回線をキャリアよりも安く提供しています。自分に必要なものだけを選べるプランにより、キャリアよりも安い料金でスマートフォンを利用できます。音声通話にも対応した音声通話SIM、ネットのみの利用に対応したデータSIMがあります。

キャリアの回線を借りているため、品質や通信エリアはキャリアと同じものを利用することができます。

また、キャリアでは2年ごとの契約が多いですが格安スマホにはありません。格安スマホは、音声通話SIMに最低利用期間が設定されていることがありますが、ほとんどの場合、最低利用期間は長くても1年であり、それ以降は解約したいときに違約金の心配をする必要がありません。

データ専用SIMであれば最低利用期間のないことが多いです。ある場合でも数カ月で終わることがほとんどなので安心です。

格安SIMのデメリットや注意点

キャリアは料金が高い分、充実したサポートを受けられることが魅力です。格安SIMを提供しているMVNOは、キャリアと比較すると圧倒的に店舗が少ないです。

ドコモなどは1つの県に何店舗もあり、故障などの気になることがあるときに、サポートをすぐに受けることができますが、MVNOでは店舗が少ないため、電話やメールでの対応がほとんどです。また、初期設定などは自分でしなければいけません。

初期設定などは説明があるので難しいことはありません。しかし、ご年配の方や機械に弱い方など、不安がある方はサポートが充実しているキャリアのほうが安心できます。

キャリアのメールアドレスは使えなくなります。電話番号はMNPでそのまま使えることがほとんどですが、メールアドレスは使えません。メールアドレスはGoogleやYahooなどのフリーメールアドレスを使用します。

ドコモなどで利用中のサービスによっては、キャリアメールのアドレス登録が必要なサービスもあります。キャリアから格安SIMに乗り換えても引き続き同じサービスを利用したい方は、利用中のサービスを確認しておきましょう。

MVNOによっては、口座振替での支払いができないところもあります。クレジットカードでの支払いをしたくない方は、口座振替ができる事業者であるかも確認しておきましょう。

格安SIMはキャリアと同じ品質ですが、時間によっては混雑により通信速度の低下を起こしてしまう場合もあります。通信速度に安定性を求める方は、キャリアのほうがおすすめです。

キャリアのスマートフォンで音声通話、格安スマホでデータ通信という2台持ちをしている方も多いです。通話時間が多い方は、キャリアの定額プランがお得になることもあります。

キャリアからの乗り換えをする場合、注意しなければいけないのが違約金です。キャリアの2年自動更新プランは違約金のかからない更新月が決められています。1万円くらいの違約金がかかるため、更新月以外の乗り換えはおすすめできません。格安SIMに乗り換える前に更新月を確認しておきましょう。

格安SIMは新しいスマートフォンで利用することもできますが、今まで使っていたスマートフォンでも利用できます。今まで使っていたスマートフォンを利用したい場合は、利用中のスマートフォンがSIMロック解除できる端末であるかどうかを確認しましょう。

また、SIMロック解除をする場合、受付条件をクリアしていなければいけません。キャリアごとに違いはありますが、端末を購入してからの日数や利用料金の支払い実績の確認などがあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る