このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 SIMってなに?格安SIMを利用する前に知っておきたい知識

SIMってなに?格安SIMを利用する前に知っておきたい知識

41view

2018.01.17

SIMとは?

格安SIMというワードを耳にしたことはありませんか?格安SIMは、通信費を安く抑えられることから人気があり、今の携帯から乗り換えようと考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、そもそもSIMについて知らなければ効果的にサービスを受けられないかもしれません。そこで、ここではSIMが何なのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

SIMカード

SIMとは「Subscriber Identity Module」の略で、日本語では「加入者識別モジュール」といいます。スマートフォンやタブレットなどの携帯端末がデータや通話のやり取りをするのに必要なICチップのことで、一般的にSIMカードと呼ばれています。

SIMカードには、利用者が契約している携帯電話会社や電話番号の情報が記録されており、これが携帯端末に取り付けられることで初めて通信サービスの提供を受けることが可能となります。

「そんなものを取り付けた覚えはない」という方もいると思いますが、SIMカードはほとんどの場合、購入した当初からすでに取り付けられています。もともと見る機会が少ないものなので心配しなくても大丈夫です。

SIMカードのサイズ

一口にSIMカードと言っても、それぞれに大きさや形に違いがあります。種類は以下の通りです。

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

標準SIMは15mm×25mmのサイズで、他のSIMと比べて最も大きいSIMカードです。最新の端末で使われることはほとんどありません。iPhoneでいうと、3GS以前の世代で使われているようです。

microSIMは12mm×15mmのサイズなので、標準SIMと比較すると一回り小さいSIMカードといえるでしょう。microSIMは少し前の世代で多く使われています。iPhoneでいうなら4s以前に使用されています。

nanoSIMは8.8mm×12.3mmのサイズとなっています。他のSIMカードと比べると一番小さいサイズですね。最新の端末ではこのnanoSIMがよく使われており、iPhoneでは5以降に取り付けられています。

格安SIMについて

ここまでざっとSIMカードについて説明してきました。では、格安SIMとは一体何でしょうか?

格安SIMはMVNOが提供している

格安SIMは、キャリア(Docomoやauなどの大手携帯電話会社)のSIMカードと比べて通信費を安く抑えることができます。これは、MVNOという事業者がキャリアの通信インフラを借りることによって、低価格で通信サービスを提供しているからです。

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語で「仮想移動体通信事業者」のことを指します。また、キャリアのことをMNO「Mobile Network Operator」(移動体通信事業者)と呼んでいます。

格安SIMには2種類ある

格安SIMカードには2種類の違いがあります。

一つは「データ専用SIMカード」です。SNSやメールなどの通信サービスが受けられるSIMカードで、通話機能が排除されているものの、その分だけ料金が安く設定されています。

もう一つは「音声通話SIMカード」です。これは、先ほどのデータ専用SIMの機能にプラスして、音声通話も可能になっているSIMカードです。キャリアのSIMカードと遜色ない通信サービスが受けられるでしょう。

格安SIMを使用するにはSIMロック解除が必要

SoftbankやDocomoなどのキャリアで携帯端末を購入した場合、他のキャリアで端末が使えないようにロックを掛けられています。これをSIMロックといい、格安SIMカードを使いたいならSIMロック解除が必要になるでしょう。ただ、格安SIMカードのキャリアが同じであるならロックの解除はしなくてもOKです。

格安SIMを利用するときはMVNOの通信速度に注意

大手のキャリアと同じネットワークを利用していても、MVNOによっては通信速度が遅いところもあります。格安SIMカードへ乗り換えるまえに、MVNOが謳っている実効速度を調べておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る