このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 格安SIMと格安スマホはどうちがうのか?メリットも併せてご紹介

格安SIMと格安スマホはどうちがうのか?メリットも併せてご紹介

40view

2018.01.17

格安SIMと格安スマホのちがい

タイトルにも書いてある「格安SIM」と「格安スマホ」ですが、最近よく耳にすることが多いのではないでしょうか。どちらも格安とついているので似た印象を受けると思いますが、まったく同一の意味ではありません。ここでは、格安SIMと格安スマホについてご説明いたします。

そもそもSIMってなに?

格安SIMの「SIM」ですが、スマートフォンに取り付けられているSIMカードのことを指します。これは、契約先の携帯会社や利用者の情報が詰まっているもので、これがないと通信・通話サービスを受けることができません。

格安SIMとは?

格安SIMとは、一言でいうと「毎月掛かる通信料金を安く抑えて提供するサービス」のことです。

大手キャリアであるdocomoやauだと、月々に掛かる料金が高く設定されています。そこで、なんとかスマホを安く利用したいという声に応えたのがMVNOと呼ばれる通信事業者です。MVNOは、大手キャリアの回線を借り受けることで通信サービスを提供しています。大手キャリアの施設や設備に投資する必要がない分、通信料金を安く設定できるというわけですね。

以上のことから格安SIMとは、MVNOが提供するSIMカードを使うことを意味します。

格安スマホとは?

では、格安スマホはどういう意味なのでしょうか。

格安スマホとは、格安SIMを使ったスマートフォンのことを指しています。安価なスマートフォンのことではありませんので、勘違いしないようにしましょう。

購入時の場合は少し意味合いが変わる

上記で格安SIMと格安スマホのちがいについてご紹介しましたが、購入・契約するときは意味合いに若干のちがいがあります。

「格安SIMを買う」というと、MVNOで販売されているSIMカードのみを購入する意味となります。すでにスマートフォンを所持している人が通信料金を安くしたい場合に使う言葉といえるでしょう。

「格安スマホを買う」という場合は、SIMカードとSIMフリー端末のセット購入を意味しています。機種変更と格安SIMの乗り換えを同時にする方法です。

ちなみにSIMフリーとは、どのキャリアでも使える端末のことを指しています。大手キャリアのスマートフォンはSIMロックが施されていて、他の通信事業者の回線では使えません。このロックを解除することをSIMロック解除といい、SIMロックが掛かっていないスマートフォンの状態をSIMフリーといいます。

格安SIM・格安スマホのメリットや注意点について

格安SIMのみを購入するメリット

格安SIMカードのみを購入するメリットは以下の通りです。

  • 毎月の支払いが大幅に減少する
  • 好きなスマートフォンを利用できる
  • 大手キャリアのスマホでもSIMロック解除を行えば、格安SIMを挿して使える
  • 複数台のスマホに挿し替えられる
  • 2年縛りがない
  • データ通信のみのプランを選ぶことで、さらに安く利用できる(音声通話のプランも選択可能)

などが挙げられます。

格安スマホを購入するメリット

格安スマホを購入するメリットは以下の通りとなります。

  • セット購入ができるので乗り換えが楽
  • 大手キャリアと同じように初期設定をしてもらえる
  • 低価格なスマートフォンを購入できる

また、セットで購入するとキャッシュバックがあったり、セットのときだけ選択できるプランがあったりもします。

購入時に注意すること

MVNOではMNO(大手キャリア)から回線を借りて通信サービスを提供していますが、事業者によって通信速度はまちまちです。動画やゲームなどをよく利用する人は、各事業者の通信速度にも目を向けたほうがいいかもしれません。

それから、セット購入でスマートフォンの分割払いをする場合、最低利用期間が付与されます。これも各事業者によってちがい、半年~2年くらいの幅がありますので注意してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る