このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 格安SIMを家族で使うなら?シェアプランでスマホ代をお得に!

格安SIMを家族で使うなら?シェアプランでスマホ代をお得に!

120view

2018.01.17

シェアプランを利用するメリット

昨今では、格安SIM・格安スマホといった言葉が浸透しはじめ、MVNO(仮想移動体通信事業者)の利用者も増加傾向にあるようです。格安SIMを使うメリットといえば、やはり料金の安さが特徴ですよね。なかには、家族みんなで乗り換えたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。そこで、注目してほしいのがシェアプランです。

ここでは、家族で格安SIMを使うメリットやおすすめのMVNOをご紹介いたします。

家族がシェアプランを利用するメリットとは?

格安SIMを提供するMVNOのなかには、シェアプランを実施している業者が存在します。家族でまたは1人で複数台の端末を使いたいときに効果的なプランです。

家族で利用する場合は、家族全員のデータ容量を共有することで通信費を節約できます。家族が別々にプランの契約を行うと、データ通信量は各人の使い方によってバラつきが生じやすいです。

限界ギリギリまで使う人はともかくとして、半分も使用してない人は元が取れていないこともあるでしょう。もし、そうだとするともったいないですよね?シェアプランは、そんな悩みを解決してくれるサービスです。

1人でシェアプランを利用するメリットとは?

シェアプランは1人で複数の携帯端末を使う場合でもお得です。1台の端末ごとに通信プランを契約してしまうと余分に料金を支払わなければなりませんが、SIMカードを複数枚使えるプランを選べばお金の節約になります。

また、月々の通信容量が大きくなりがちな人にもシェアプランはおすすめです。

格安SIMカードを複数枚使えるおすすめのMVNO

ここから、SIMカードが複数枚使えるおすすめのMVNOをご紹介いたします。

DMM mobile(DMMモバイル)

DMM mobileの料金プランにはシェアコースが用意されています。データ通信SIM、通話対応SIMのどちらも1GB~20GBまで細かい範囲で分かれていて、自分に見合ったプランを選ぶことが可能です。

各プランで最大3枚までのSIMカードを利用でき、データ通信SIMと通話対応SIMを組み合わせて使うこともできるので自由度が高いといえるでしょう。

IIJmio(アイアイジェイ・ミオ)

IIJmioでは、10GBのファミリーシェアプランというプランが用意されていて、なんと最大10枚までSIMカードを利用できます(4枚目以降は追加SIM利用料が発生する)。

IIJmioは、タイプD(docomo回線)とタイプA(au回線)の2種類を使えるという特長があり、同じプランであればタイプDとタイプAのデータ量を分け合うことも可能なので、家族がdocomoとauのスマホを使っていても乗り換えやすくなっています。

また、IIJmioではクーポン(高速通信可能なデータ量のこと)というシステムがあり、その月に使い切れなかったクーポンを翌月に繰り越すことができます。このクーポンが残っていると、利用者の好きなタイミングで通信速度の高速化が可能なので、通信速度が気になる方も満足度の高いサービスを受けられるでしょう。

BIGLOBEモバイル(ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイルではシェアプラン自体の用意はされていませんが、3GBのプランから最大4枚までのシェアSIMカードを利用できます。

ただし、シェアSIMカードには「シェアSIMカード(音声)・シェアSIMカード(SMS)・シェアSIMカード(データ)」の3種類があり、シェアSIMカード(音声)を使う場合は、3GB以上の音声通話SIMプランを選ばないと利用できませんので注意してください。

手持ちのスマホはSIMロック解除を行えば利用できる

格安SIMなら大手キャリアより料金がお安くなります。しかし、スマホをセットで購入するとなると、どうしてもスマホの分だけお金が掛かってしまいますよね?もし、手持ちのスマホがあるのなら、積極的にSIMロック解除をしてお金を節約しちゃいましょう!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る