このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 格安SIMでネットにつながらない?そんなときはここを確認!

格安SIMでネットにつながらない?そんなときはここを確認!

98view

2018.01.17

格安SIMでネットにつながらない?主な原因は2つ!

APNの設定はしたか

格安SIMに乗り換えてインターネットにつながらないとき、まず確認したいのがAPN設定です。APN設定とは、簡単にいえば、どこの事業者の格安SIMを使っているかをスマホに教えてあげる作業です。格安SIMの利用をはじめる前に、ほとんどの場合でユーザーがAPN設定をしなければインターネットにつながりません。

設定方法や設定内容については、説明書がSIMカードと一緒に送られてくるので、それを確認しましょう。

ちなみにAPN設定をしなくても通話だけは可能です。音声通話ができる格安SIMを契約した方で、通話はできるのにインターネットにつながらない場合はAPN設定が原因の可能性が高いです。

SIMロック解除したか

次に確認したいのがスマホのSIMロックです。SIMロックとは大手キャリアで購入したスマホを他のキャリアのSIMカードで利用させないようにしている設定です。

例えばドコモで購入したスマホはドコモ以外のSIMカードを認識しないように設定されています。このロックはユーザー自身では解除できず、SIMロック解除をする場合はキャリアの店舗での手続きが必要になります。

格安SIMを利用する際、このSIMロック解除が必要になるのは、購入したスマホのキャリアと格安SIMが利用する回線のキャリアが異なる場合です。

例えばソフトバンクで購入したiPhoneでドコモの回線を使った格安SIMを挿して利用する場合はそのiPhoneはSIMロック解除が必要になります。

ドコモで購入したスマホで、ドコモの回線を使った格安SIMを挿して利用する場合はSIMロックの解除は不要です。同様にauのスマホとau回線の格安SIM、ソフトバンクのスマホとソフトバンク回線の格安SIMの組み合わせであればSIMロック解除は必要ありません。

またSIMフリー端末というものもあります。これは元々SIMロックがかかっていない端末、もしくはSIMロックをすでに解除した端末のことです。

例えばAppleの公式サイトで販売されているiPhoneはSIMフリー端末です。他にもFREETELやASUSなど日本でSIMフリー端末を販売している業者は多くあります。

スマホがSIMフリー端末であれば、基本的にどのSIMカードでも利用することができ、また国内だけでなく海外のSIMカードも利用できます。

また海外で販売されているスマホはほとんどがSIMフリー端末です。海外で購入したスマホに格安SIMを挿して使うこともできます。ただし海外のスマホには技適マークがついていない端末があり、それがついていないスマホに格安SIMを入れて通信すると、法律に違反してしまいますので、その点は注意が必要です。

通信速度が遅いだけの可能性も

APN設定もSIMロックも確認したのに、それでもインターネットにつながらないときは、単に通信速度が遅いだけの可能性があります。

例えばランチタイムの通信速度は、大手キャリアと比べると全体的に遅くなる傾向があります。

格安SIMの事業者によっては、テキストベースのウェブページの読み込みにすら、かなりの時間を要するほど遅くなる場合があります。

どれほど通信速度の低下があるかは、そのときの利用者の数や格安SIM事業者の通信品質によって変わります。格安SIMを契約する前にインターネットなどで口コミや評判をよく調べて契約することをおすすめします。

また格安SIMのプランには大手にはない低速で低価格なプランもあります。

このような低速のプランで写真の多いウェブページを見たり、YouTubeなどの動画を見たりすると読み込みに非常に時間がかかり、インターネットにつながっていないように感じることがあります。

他にも契約した通信容量をオーバーすることで通信制限がかかり、速度が低下します。格安SIMには各社からさまざまなプランが提供されています。格安SIMに乗り換えたあとに「こんなはずじゃなかった」とならないように契約内容はよく確認しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る