このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 格安SIMで通話料金を抑える方法|おすすめアプリ利用方法&料金表

格安SIMで通話料金を抑える方法|おすすめアプリ利用方法&料金表

47view

2018.01.17

格安SIMで通話料金を抑える方法!!大手キャリアから格安SIMへ乗り換える方法

まず格安SIMの仕様には注意しないといけない点があります。

それは携帯で電話をすると通話料金が高くついてしまう点です。他にも格安SIMの種類によっては通信速度が遅いこともあります。毎日電話をする人・仕事で利用を考えている人は是非この記事をお読みください。

格安SIMの電話料金を抑える方法

皆さんも感じているかもしれませんが、そもそも最近では通話をする時間が平均的に短くなっている傾向があります。普通に格安SIMで通話をした場合、ほぼ全ての会社が30秒で20円としています。

定額通話パック等がないので、使用すれば使用するほど直接通話料に加算されていきます。これらは大手3社と比較しても通話をしてしまうと割高に感じられ、せっかく格安SIMにしたのに逆に高くついてしまった、ということになりかねません。

では、どのようにして通話料金を抑えるか。

それは「LINE」や「Skype」等の無料通話アプリを使用することです。詳細は下記で確認してみてください。

大手キャリアから格安SIMへ乗り換える

最近流行りの格安SIMへの乗り換える際の注意点。また、どうして急に格安SIMが市場に出てきたのかも一緒に簡単に説明していきます。

現在使用している携帯番号を格安SIMでも使う際には、まずSIMロックを解除してもらいます。次に必要な手続きをMNPと言います。この手続きはそれぞれでお使いのキャリアに電話して発行しましょう。

次に電話発行したMNP予約番号を使って格安SIMへ申し込みます。数日経つと格安SIMが自宅に届くので届いた書類に従い手続きを進めていきます。手続きが終了次第約2時間で格安SIMを利用できるようになります。

余談ですが、なぜ格安SIMがここまで市場に出てきたのには2010年に総務省が「SIMロック解除に関するガイドライン」策定し、2015年には「SIMロック解除を義務化」させたのが原因です。これにより消費者が端末や回線を自由に選べるようになり、格安SIMが急速に市場で目立つようになりました。

おすすめアプリとその料金表

まず格安SIMの通話アプリを利用するにあたり、理解しておいてほしいことがあります。

それは、通話アプリには大きく分けて格安SIMに変更する前の自分の携帯番号(090/080/070)を利用し通話がする電話回線を使用するタイプと、050の電話番号で通話するIP電話の2つに分けられています。

このIP電話は通話料金が非常に安い点などメリットも多くありますが、050番号しか使えない点と通信速度が遅い場合は声が聞き取れないこともあるので個人的には電話回線を利用するアプリは高品質で通話ができるためオススメしています。今回は私がオススメする電話回線を使用する電話タイプのアプリを簡単な料金表で比較しながら紹介します。

1:楽天でんわ

  • 月額料金:無料
  • 国内通話料金:一律20円/1分
  • 国際通話料金:一律20円/1分
  • メリット:通話無料リストの作成ができる。楽天スーパーポイントが通話料100円につき1ポイントずつ貯まる

2:G-Call

  • 月額料金:無料
  • 国内通話料金:一律20円円/1分
  • 国際通話料金:アメリカでは5.8円/1分
  • メリット:非課税のため楽天でんわよりも8%安い

3:LINE

  • 月額料金:無料
  • 国内通話料金:比較表参照
オススメアプリの料金比較表

      国内通話料金 (1分間)      国際通話料金(1分間)

楽天でんわ      20円             20円

G-CALL        20円          アメリカなら5.8円

LINE 30日プラン     6.5円           国別で代わる

※コールクレジット14円(固定電話への電話は約2.8円)国別で代わる

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る