このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 こんな人におすすめ!格安SIMでスマホの料金を節約!

こんな人におすすめ!格安SIMでスマホの料金を節約!

95view

2018.01.17

格安SIMがおすすめの人

料金が安くなると評判の格安SIMですが、安くなる人にはいくつかの特徴があります。格安SIMに向いているのは次のような人です。

通話をあまりしない人

格安SIMの特徴として通話料金が高いことが挙げられます。通話料金は30秒で20円と高めなので、通話をあまりしない人の方が向いています。キャリアの通話料金はかけ放題プランがあるため、定額で収まることがほとんどです。

格安SIMで通話料金を安くするには、まずLINE電話などを利用することです。このような無料電話を利用することで、大幅に通話料金が抑えられます。

そして現在は、格安SIMの会社で通話料金に関する様々な工夫がされています。格安SIMの会社の通話アプリを使い、そこから通話をすると半額になる会社も多くあります。また、キャリアのようなかけ放題プランもあります。

詳しくは会社によって異なりますが、月額800円程で5分以内の通話無料のプランなどがあり、通話料金の節約になります。

自宅や職場にWi-Fiがある人

Wi-Fiで格安SIMを利用すると、今までと通信速度が同じため、使い心地は変わりません。

自分が3GやLTEでどのくらいスマホを接続しているのかを考え、あまり使わないのであれば格安SIMでも不便は感じません。また、モバイルWi-Fiをすでに持っていて、持ち歩くことができる人も格安SIMに変えて問題ないです。

同じスマホを長く使いたい人

キャリアのスマホだと購入した時に購入サポートなどの割引があります。しかし、その割引が2年縛りのプランになり、違約金が発生してしまう原因になります。

2年ごとに新しいスマホに変えていきたいという人以外は、機種代金を永遠に払わなくてよいため格安SIMの方がお得になります。

今のスマホは機能もしっかりしており、雑な使い方をしなければ4~5年ほどは使用可能です。

スマホでゲームや動画視聴などしない人

格安SIMでもメールやSNS、インターネットなどは通信速度が少々遅くても問題なく行えますが、1日中ゲームをしたり動画をサクサク見たいという通信容量が多い人は格安SIMには向いていません。

スマホを利用しているほとんどの人は3GB以下というデータが出ており、通信制限を超えるような人は少数です。

格安SIMに乗り換えるために確認しておくこと

解約月を調べる

2年縛りの場合、キャリアが指定する月に解約しないと9,500円の違約金がかかるので、格安SIMにすぐに乗り換えずに、良いタイミングで乗り換えができるように違約金がかからない月を調べます。

格安SIMの会社を決める

格安SIMの種類は大きく分けて3つあります。

料金やプランも大事ですが、docomo、au、ソフトバンクのどの回線を利用している会社か調べます。なぜなら、docomoのスマホをau系列の格安SIMで使いたいといったような場合にはSIMロック解除という手続きが必要になるからです。

SIMロック解除を行えば基本的には今までのキャリア関係なく格安SIMを選ぶことができますが、SIMロック解除料が必要になることと、機種によっては対応してくれないこともあるので注意が必要です。

MNP番号を予約する

今までの電話番号をそのまま使用する場合には必要です。契約しているキャリアのサポートセンターに電話するとMNP予約番号を発行できます。キャリアによっては、インターネット上で発行できる場合もあり、その方が手間がありません。

解約するキャリアにMNP手数料として2,000~3,000円が必要になり、基本的には最後の利用月の料金に上乗せされて請求されます。このように手順を踏めば難しいことはありません。現在、キャリアと契約している人が格安SIMにすると現在のスマホ料金の半額程度に節約できます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る