このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 格安SIMの通話定額プラン(かけ放題)の各社料金を比較

格安SIMの通話定額プラン(かけ放題)の各社料金を比較

146view

2018.01.17

格安SIMには3つのタイプの通話定額プランがある

大手キャリア同様のかけ放題プラン

以前には、通信速度やSIMロック解除などの問題と並んで大手キャリアから乗り換えない原因の一つにもなっていたかけ放題プランが、格安SIMからも提供されるようになっています。

当初は後述する時間制限のあるタイプの通話パックが主力でしたので、スマホ利用者でも通話を頻繁にする人は、格安SIMでコスト削減が可能だとはわかっていても乗り換えられないという事情がありました。

このサービスが提供されるようになったことで、通信速度に問題がない格安SIM業者でSIMロック解除も問題ない人の場合には非常に大きなメリットが付与されたことになります。ただし、一部の格安SIM業者のかけ放題プランは、大手キャリアと同じ回線ではなくIP電話によるものもあります。

IP電話の特徴として、通話品質はどうしても劣ることになりますので、選択の際には注意が必要です。

時間制限のある通話定額プラン

格安SIMの通話定額プランといえば、このタイプを想像する人が多いでしょうが、このサービスは電話での通話時間が実はほとんどのケースでは、一定時間に収まっているというデータから発生したプランです。

そもそもスマホ利用者ですから、ネット中心の使用であり通話する人は少ないという考え方もありますが、とは言え、たまに電話すると高い料金がかかるということも大きなデメリットとなります。

そこで、ほとんどの携帯電話での通話時間が5?10分以内に終わるというデータから、1、3、5、10分までなら何度通話しても定額料金というプランが作られることになりました。多くの人はこの通話定額プランを利用していますが、通話する人が家族などに限定していたり、比較的1回あたりの通話時間が長めだったりする人には不向きなプランとなります。

一定時間分通話できる時間パック

それほど頻繁に通話するわけではないが、1回あたりの通話時間を気にせずに利用したい人向けのサービスがこの通話パックで、指定された時間分だけは何度通話しても定額料金となります。格安SIMはコストが勝負ですから、この通話パックも30分・60分のサービスとなっています。

ほとんど通話利用はないが、単身赴任者で自宅への連絡や実家に定期的に電話する人の場合にはお得なサービスとなります。

核安SIMの3つの通話定額プランの料金比較

大手キャリア同様のかけ放題プランの料金比較

大手キャリアのかけ放題プランはどこも同じ料金体系で強制加入の月額2700円となり、5分以内なら無料となるプランが1700円となります。これは大手キャリアから大手キャリアに乗り換えた場合でも各社同一料金ですから料金が変わることはありません。

これに対して、格安SIMから提供されているかけ放題プランは大手キャリアよりも2割ほど安くなり非常にお得感があります。格安SIMの通話定額プランには10分までなら何度通話しても定額プランというサービスもありますので、よほどの長時間でない限りは時間制限のほうが料金は安くなります。

また、通話品質を別とすれば、IP電話のかけ放題プランは月額1,300円~1,500円前後となっています。

時間制限のある通話定額プランの料金比較

時間制限のある通話定額プランの場合には、利用者の事情により最適な通話時間は異なりますが、最も利用者の多い5分・10分までなら何度通話しても定額プランの場合には、月額800から900円というところがほとんどです。

10分までの定額プランも900円以下ですから、よほどの長電話ではない場合にはかけ放題プランよりはお得になるケースが多いのではないでしょうか。また、利用者はそれほど多くありませんが、通話はなるべく手短にという人向けの3分までなら定額プランの場合には600円?650円くらいとなっています。

通話パックの料金比較

一定時間までの通話パック料金については、通常の通話料金よりや安くなりますが、時間制限の定額通話プランに比べると高くなることが多いサービスで、提供している業者も少ないのが実情です。価格面を期待するのであれば、時間制限の定額通話プラントの比較が重要となります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る